にるぽっぽ

こんぴゅーたわかりません - 転職.com

Windows 10 May 2020 Update の新しい IME での入力切替設定

Windows 10 May 2020 Update で IME が新しくなりUSキーボードとして認識させ TapDance で F13、F14 に IME オン/オフを割り当てていたが使えなくなってしまった。(旧版のIMEにも戻せる

とりあえず、F13 と F14 を 変換と無変換に PowerToys を使って変換し IME の状態を変えるようにした。

IME の設定で無変換キーに IME オフ、変換キーに IME オンを設定する。

f:id:nillpo:20200708132620p:plain
IME の設定

PowerToys の Keyboard Manager に下の画像のように設定する。

  • VK28 変換
  • VK29 無変換

f:id:nillpo:20200708132859p:plain
PowerToys Keyboard Manager の設定

おしまい。

Keyboardio Atreus 実機レビュー

Keyboardio は 2020 年 3 月 17 日に新しいエルゴノミクスキーボード Keyboardio Atreus の Kickstarter プロジェクトをスタートしました。 Atreus は Phil Hagelberg 氏が設計、販売しているキーボードで Keyboardio がしっかりとした製品にしたものとなります。

レビュー用の Keyboardio Atreus をいただいたのであまりキーボードについて詳しくないですが実際の使用感を書いていきます。

Keyboardio について

2015 年にスプリットタイプのエルゴノミクスキーボード Keyboardio Model 01 の Kickstarter プロジェクトを開始し目標金額に達成。 その後、製品として販売しているメーカーです。

shop.keyboard.io

そもそも Atreus とは

f:id:nillpo:20200406211237j:plain

atreus.technomancy.us

  • Phil Hagelberg 氏によって設計、販売されているキーボード(キット、組み立て済み等ある)
  • キー数は 42(ちゃんと 42 キーある)
  • キー列が上下にずれている Column staggered
  • 中央で物理キー配置が分かれている
  • MDF 材やアクリルを重ねたサンドイッチケース
  • ALPS スイッチ対応の PCB

Atreus には様々なフォークがあり、42 キーよりもキー数が多いものや少ないものも存在している。

Keyboardio Atreus

f:id:nillpo:20200406211310j:plain

今回の Keyboardio Atreus と Atreus の違いはざっくり解説するとこんな感じ。

  • キー数は 2 キー増えて 44 キー
  • スイッチプレートはアルマイト処理されたアルミプレート
  • ケースは樹脂製、フレームレスになっていて全体的にひと回り小さくなっている
  • Kailh 製の hot-swappable socket が採用されていて、はんだづけなしでスイッチを交換できる
  • ファームウェアKaleidoscope
  • マウスでぽちぽちするとキーマップを設定できるツール Chrysalis も用意されている
  • オリジナルと比較すると安い(Kickstarter 価格 99 ドル、販売予定価格 150 ドル)
  • オプションのケースと木製パームレスト
  • Type-C 採用

外観

※評価版の Atreus なので Kickstarter 版とは多少異なるので注意。

シンプルに黒で統一されたデザイン。キー数の少なさと独特な形状がいい雰囲気を出している。 f:id:nillpo:20200406211337j:plain f:id:nillpo:20200406211355j:plain

フレームレスケースですっきりとした見た目。 キーキャップは全て同じ高さの XDA プロファイルを採用。 f:id:nillpo:20200406212323j:plain

全体的に丸みを帯びているので指に当たる感触は優しい感じ。(レビュー用は ABS 製キーキャップだが PBT 製のものに変更される) f:id:nillpo:20200406212510j:plain

キーボード自体の重量はだいたい 300g f:id:nillpo:20200406211426j:plain

HHKB と比較しても小さい。 f:id:nillpo:20200406211442j:plain

Kailh hot-swappable socket を採用しているので、はんだづけなしでスイッチを交換できる。 f:id:nillpo:20200406211503j:plain スイッチの爪とプレートが噛むのでこのようなスイッチプラーがあると外しやすい。 f:id:nillpo:20200406211520j:plain

実際の使用感

実際キーボードに手を置いた時はこんな感じになる。 手が大きいほうではないが無理せずに指が届く位置にキーが配置されている。 ハの字に物理キー配列が並んでいるので手首を曲げることなく置け、中央で少し隙間をあけて左右に分かれているので窮屈にならずタイピングできる。 キーボードの高さも低いのでパームレストなしでも快適。 f:id:nillpo:20200406211537j:plain 小指側はこんな感じ。 f:id:nillpo:20200406211555j:plain

実際にタイピングするとこんな感じになる。


Kickstarter ではいくつかスイッチの選択肢があるが今回のスイッチはカチカチ音が鳴るクリッキータイプの Kailh Box White f:id:nillpo:20170929160420j:plain スイッチを押したときに明確なフィードバックがある。タイピングしていてとても楽しいのですがカチカチカチカチ…は怒られる…。(スイッチ音が気になる方はかなり静かな静音スイッチもあるのでそちらを使うと幸せになれるかも)

アルミ製スイッチプレートを採用しているので程よい硬さの打鍵感でタイピングしていて気持ちがいい。(打鍵感はキーキャップの材質によって変わるので PBT 製キーキャップになるとまた違ってくるはず)

ちょっと気になった点はスイッチが純正 Cherry MX とは上下逆さについていることだ。交換用キーキャップの Cherry プロファイルのものを使った場合、一番下まで押し込んだ時にスイッチとキーキャップがぶつかってしまうことがある。 詳細はこちら

キー数が少ないものは自作キーボードでは割と多いが製品でこのキー数の少なさはなかなか見かけない。どうやってこのキー数でタイピングするのかというとキーボードのファームウェアにはレイヤーというものがありレイヤーを切り替えてタイピングすることで物理的に少ないキー数でも入力可能になる。

参考として私が使っているキーマップはこれ。(今回は Chrysalis を使わず CLI でキーマップを設定した)

f:id:nillpo:20200406211646p:plain f:id:nillpo:20200406211703p:plain f:id:nillpo:20200406211722p:plain f:id:nillpo:20200406211734p:plain f:id:nillpo:20200406211747p:plain

親指周辺に Shift などの修飾キーを配置し、複数のレイヤーと同じキーを素早く 2 回連続で押すと別なキーを入力する機能や長押しで別なキーとして動作する機能を使っている。(たとえば 1 回押したら ( で 2 回押したら () を入力など)

普通のキーボードだと少し遠い位置にあるキーが親指の位置にあるのでホームポジションからあまり手を大きく動かさずに入力できている気がする。キーマップは設定してから 1 週間ほどで慣れました。

まとめ

2 週間ほど毎日 Keyboardio Atreus をクッションケースに入れて持ち歩いて使っていますが本体が軽量、コンパクトでバッグに入れて持ち運びやすい。 PC 接続時も Type-C なので向きを気にせず挿せるのも地味に快適。

ここのところ、はんだ付けが必要な自作キーボードばかりだったのでキーボードを箱から出したらスイッチ、キーキャップもついていて PC に接続してすぐ使える点もよかった。 完成品のしっかりとした製品ではあるがファームウェアやキースイッチをカスタム可能な点は自分で考え試行錯誤できる自作キーボード的な自由度や楽しさがあるのも魅力です。

キー数の少なさに関しては人によって合う合わないはありますが使いこなせると日々のタイピングが楽しくなるキーボードに仕上がっていると感じました。

Keyboardio の Jesse Vincent 氏とは 2019 年の tokyomk6 でキーボードへの熱い思いが聞けたので今回の Keyboardio Atreus を無事出荷できること祈っています。(今回の目標金額は 7 分で達成したらしいです。)

4月18日までなので興味ある方はお早めに!!! www.kickstarter.com

Kickstarterは終わってしまいましたがサイトの方でプレオーダーが始まっています!!!

Keyboardio Atreus - PREORDER - Ships in Augustshop.keyboard.io

余談

Keyboardio Atreus のペーパークラフトもあるのでサイズ感が気になる方は印刷して手を置いてみるといいかもです。

Jesse Vincent 氏によるケースのデモンストレーション。

この動画つきのリプライがきた時にもう買うしかないのでは…となりました💸

記事は、 Keyboardio Atreus で書きました。

追記(2020/04/08) 目標金額の 1000% まで到達したみたいです。 f:id:nillpo:20200414110500j:plain

天下一キーボードわいわい会 Vol.3に出店しました

沼人の会でにるぽケーブルファクトリーとしてTRRSキット、完成品の販売をしました

準備

準備自体は10月の初めごろからパーツ類を各所に発注、10月半ばにはだいたいパーツは揃いました。 台風19号で断水、その後の大雨で虚無になってしまい天キー自体の参加もどうするか悩みましたがいろいろあって参加することに。

完成品の作成は11月半ば頃から開始、帰宅したら🐶とケーブル1000本と煽ってくる鳥にやられながらもくもくケーブルを作る日々を天キーの前々日くらいまでやっていました 。 キットはケーブル完成品で使うパーツを調整しながらそちらも並行で進めていました。

完成品ケーブル
完成品ケーブル
完成品ケーブル
完成品ケーブル

当日

Mi Bandを目覚ましに使っていたらバンドから外れていて寝坊して死にそうになったくらいで特にトラブルなく会場に到着

虚無を装着している様子
会場のDMM
会場のDMM

設営後、ちょっとぼーっとしていたら開場(この辺からバタバタし始めて写真がない)

ブース写真
ブース写真
ブース写真2
ブース写真2

すごい勢いで待機列ができてちょっとびびる

販売開始後はウオォォォォォォという感じです

今回は前回の反省点も生かしてキットはあとで引換券で交換してもらう方式を採用しましたがそれでも待機列ができてしまい来ていただいた方にご迷惑おかけしました🙇

そんな感じでバタバタしているといつの間にか天キー終わってました👼

反省点

次回参加するときは待機列を作らない方法を考える

ケーブルキットの事前説明を作る、キーキャップテーマのケーブルキット作る?

バタバタしすぎてせっかくきていただいたのにお話できなかったのもなんとかしたい!!!!

半ばバイトと化していたサリチル酸さん

最後に

ゆかりさん、スタッフの方々、来ていただいたお客さん、沼人の会メンバーetc本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

祭りの後
祭りの後

Ember Ceramic Mugを入手して使ってみた感想

wiredでたびたび記事になり、前から気になっていたEmberのスマートマグカップ wired.jp wired.jp wired.jp

ついに手に入れてしまいました

Travel Mugではなく普通のマグカップタイプのCeramic Mugの方です

2017年くらいにEmberのマグカップの存在を知り、何度か購入しようと思いましたがそもそもEmberのオンラインストアが日本への発送してなかったこともあり購入をあきらめていました(amazonなどで並行輸入品はある)

それでも気にはなっていたので何度かオンラインストアを見ていると国内発送対応になっている! ember.com

ただ9000円くらいする価格と海外発送なので到着まで時間がかかるしなどと買わない言い訳を考えていました(汚れが目立たない黒がほしかったけど入荷未定だったのもある)

2018年の年末ごろMac Miniを購入しようとオンラインのApple Storeを眺めていたらEmber Ceramic Mugを見つけてしまい気が付くと手元にありました💸(在庫なしだったので届くまで2か月くらいかかったけど…) www.apple.com

見た目はちょっと大きい普通のマグカップ

だけど結構ずっしりくる重さ!
裏にはBluetoothとのペアリング時に押すボタンがある
ちょっと大きいソーサーは充電器になっていて、カップは水洗い対応だけどソーサーはダメ✖

ペアリングはEmberのアプリを入れてガイド通りやってあげると一発で完了

メインの機能としては

  • 保温機能
  • カフェイン摂取の記録

よく飲む飲み物と量と温度をプリセットしてあげて、コーヒーなどをカップに入れるとスマートフォンに”今の飲んでいるのどれ?”という通知がくるのでどれか選んであげると設定した温度になった時に通知がきて便利 (?) リアルタイムで温度がわかるし調整もできる 飲み終わると勝手にヒーターが止まって、摂取したカフェイン量が記録される

ここからは個人的激押しポイントと不安な点です

冷めないのいい!!!!

これにつきます!

作業(ケーブル作ったりケーブル作ったりケーブル作ったり…)しながら暖かいものをちびちび飲むことが多く、サーモスのタンブラーなども試しましたがどうしても冷めてしまう…

しかし、Ember Ceramic Magならにいつも設定された温度になっていてそれなりに熱い!

57℃設定がデフォルトで全然熱くなさそうだし失敗したかなと思いましたが絶妙な温度でとてもいい感じでした

いつまでも温かいのが本当に良すぎるし最高!!!

温かいだけでこんなに体験変わるのはっちょっと予想外でした!

あまりよくないところ

バッテリー持ちが…

私が使った感じだと推奨の57℃設定で1時間持たないかも…

基本的に充電しながら使うので私的には特に問題はないですが運用方法によっては気になるかもしれないです

どれくらい製品寿命があるのか…

こういうIoTガジェットは1年くらいで壊れてしまうことが多いので長く使えるといいなぁと思います

まとめ

最近のガジェットの中では一番よかったです

一度使い始めると正直手放せません(もう1個ほしい)

たのしい自作ケーブル沼

自作キーボードアドベンドカレンダー1枚目の1日目、初心者のにるぽです

自作キーボード Advent Calendar 2018 - Adventar

濃い話は他の強い人にお任せてしてゆるふわでいきます!

今回のテーマはこれ!! f:id:nillpo:20181128220746j:plain

いきなり自作キーボードの話ではなくて申し訳ないです👼

自作キーボードが国内でも認知されつつあり、キーボード自体をおしゃれアイテムとしてキーキャップ、ケースをカスタムする方が多くなっている印象があります

しかし!!!!!

市販品されいてるTRRSケーブルはすごい微妙なのが多い!!

特にL字はほとんど選択肢がない感じです*1

こんなのとか f:id:nillpo:20181128224052j:plain こんなのとか f:id:nillpo:20181128224146j:plain こんなのとか f:id:nillpo:20181128224200j:plain

なんか微妙!!!

海外のキーボードの写真を見ているとケーブルも含めおしゃれな写真が多い印象です!! f:id:nillpo:20181128221844j:plain Let's Split / SA Abyss [photos] : MechanicalKeyboards

素敵!!!

ここが国内キーボードにはまだ足りてないと思っています

しかも、スプリットタイプのキーボードなら写真を撮るときにキーボード本体よりもケーブルがど真ん中に来るわけです

つまり、キーボードの写真を撮ると主役はケーブルになる可能性が高い!

そんな状況があったので国内の自作キーボード界の意識を改善すべく天キーでにるぽケーブルキットと完成品を販売をしました!!

というのは嘘でケーブル作るの楽しいって言っていたらいつの間にか出店申込されていたというのが事実です👼(黄色いアイコン軍団怖い)

TRRSケーブルのキットなんて売れないでしょーと私自身思っていたところもありましたが予想以上に反響があり、やはり市販品に不満がある方が多いんだなぁと実感しました

そこで自作TRRSケーブルのご案内です

ケーブル作るときに必要な基本的なもの

自作で用意するものはキーボードつくるのと比べると簡単()

必要なパーツ

  • パラコード
  • 熱収縮チューブ
  • ケーブル
  • TRRSプラグ(棒状のやつにはんだ付けしていくタイプがありますがあれは地獄なので避けましょう )
  • スリーブ(なくても可)

工具など

  • はんだごて
  • ヒートガン(熱収縮チューブをキュッとする用)
  • カッター
  • ニッパー
  • テープ(スリーブばらけないようにしたりいろいろ便利)

あると便利

  • ケーブルストリッパー(なかなか剥けないのであると便利)
  • はんだ付け用の作業台(プラグがコロコロころがるのでキィィィィってなる)
  • エポキシ接着剤かグルーガン(もげ防止とはんだ付けが怪しいときに)

これらをこねこねしていると完成です

作り方がぜんぜんわかんねーという方はにるぽケーブルキットのビルドガイドがこちらにありますので参考にどうぞ

パーツ揃えるのがめんどくさいよーという方向けに

でぽちるといいと思います

作るのもめんどくさいよーという方は

で完成品買っちゃうのもありです

ここからはこわだり"にるぽケーブル"のご紹介です

ストレートプラグは単にパラコードをかぶせただけですがこれでも市販品よりすごくいい見た目になってると思います!!
f:id:nillpo:20181128234235j:plain

こちらはプラグにも熱収縮チューブをかぶせたもの f:id:nillpo:20181128234323j:plain

まだ試作ですがGMK Laserをを意識したカラーになっています(Laserもっていないので組み合わせられない👼) f:id:nillpo:20181128234350j:plain

レツプリにDSA Drifterとこのケーブルをつけるとこんな感じになります f:id:nillpo:20181128234544j:plain

L字だとこんな感じに、白いスリーブの隙間から見える紫のパラコードがなかなかエロくていいと思います f:id:nillpo:20181128234843j:plain

SA Carbon風を狙って作ったケーブルで中のパラコードはグレー、クリアオレンジのスリーブを使用しているのでダークなオレンジになってます f:id:nillpo:20181128235036j:plain

SA Carbon風なケーブルとHelix(SA Carbon) f:id:nillpo:20181129012541j:plain

まとめ

自作ケーブルいかがでしたでしょうか?

沼にはまってるみなさんはおそらく作りたくなってきたんじゃないでしょうか?

もっと写真が見たいなどの場合は海外のサイトを見るかTwitterの#自ケ あたりを見ると誰かケーブル作ってるかもしれないです!

さぁ、はやくすてきなケーブル作りましょう!

ケーブルとは関係ないですがMECHKEYSJPもそろそろ再開します🙇‍♂️

自作キーボードアドベントカレンダーは3枚目まであるので2日目は
1枚目はとみねさん!
2枚目はmycorさん!
3枚目は大岡俊彦さん!
です!!!(なんで3枚目まであるの)


※この記事はkeyboardioで書きました!!!!!!!!!!!

*1:探せばもっといいのあるとは思います

Keyboardio Model01を半年間つかってみた

Kickstarterで2015年にバックしていたKeyboardioが2018年2月に届いた

最初の発送予定からはだいぶ遅くなったけど開発者の方の丁寧なアップデートのおかげでなかなか知れないキーボードの製造の裏側を知れてそれはそれで面白かった

The Model 01: an heirloom-grade keyboard for serious typists by Keyboardio — Kickstarter

Keyboardio Model01について

f:id:nillpo:20180901175442j:plain このキーボードの特徴としては流行りの自作キーボードと一緒で真ん中から割れていて有線で左右を繋ぐタイプのスプリットタイプ

見た目も蝶みたいな独特な形をしていて木製エンクロージャにキー位置に合わせた専用形状キーキャップで片手32キー、さらに指ではなく手のひらで押すキーがある

f:id:nillpo:20180901175054j:plain キー配列はTRONキーボードなども参考にされているらしく修飾キー、Enterなどのキーは全て親指側でタイプするようになっている

キーマップももちろんKaleidoscopeというファームがのっているのでフルカスタムできる

左右を繋ぐケーブルは自作キーボードで一般的なTRS,TRRSケーブルではなくRJ45なのでその辺のLANケーブルを適当につないでも動作する

まだキーボード関係ではあまり見かけないUSB Type-Cを採用されているのでケーブルの向きを気にせずにさせるのも便利

スイッチはALPS互換のmatias Quiet Clickが採用されている(あとでこのスイッチに悩まされることになる)

このスイッチは静音、押下60gのちょっと重めのタクタイルスイッチ

実際に使ってみて

タイピングしている様子

正直、箱から出した時はこれでかすぎだろって思いました(Helixを使っていたせいもある)

でも実際にキーボード上に指を置いてみるとほとんど無理することなく全キー指が届くしキーキャップも指がスッと置ける形状になっているのでむちゃくちゃよかった

キーマップは日本語入力の切替を設定したくらいで後はデフォルトのまま

タイピングでの使用感としてはホーミングキーがF,J以外に小指の位置にもホーミングキーがあるのが地味に便利

今まで小指に集中していたキーが全て親指に移動しているので慣れるのは時間がかかるのはしょうがないけれど慣れてしまうとなんであんなに小指でがんばってたんだろうって思ってしまう

キー入力中にホームポジションからずれることもあまりないのでかなり快適に打てる

スプリットキーボードなので左右を自分の好きな位置に置けるし空いた真ん中に、マグカップ、メモ帳、技術書などを置けるのも意外と快適です

ちょっとよくないところ

  • キーマップを変更する環境作るのがqmkと比べてもちょっと面倒

matiasスイッチがなかなかつらい問題

  • 初期ロットが工場出荷時にジェル状のグリス塗りすぎてめちゃくちゃチャタリングする(一時期matias Quiet Clickがバックオーダーになってたこのせい?)

    • 今はドライテフロンに変更されていて多分問題は起きない
  • 非常によくない打ち心地(個人の感想です)

    • スイッチによってタイピングした感じが全然違う
    • 静音スイッチなのにうるさい

打ち心地よくない問題についてはmatiasからQuiet Click, Click, Linearを200個ずつ仕入れて調べました

調べていてわかったことは

ということです 結論はこういう仕様みたいですね…

まとめ

今購入できるキーボードの中ではかなりいいと思います
ただ、個人的にはスイッチが不満です
現在購入はKeyboardioの公式サイトからできます

shop.keyboard.io

JTK Aqua,XDA 8bit,SA Oblivion,Devlin Q-Series届いた

ポチったら書く予定だったのにさぼってたらかなりたまってしまった。

JTK Aqua

[In Stock] JTK Aqua - zFrontier Exclusiveen.zfrontier.com GBで販売してたけど今は普通に在庫あるみたい f:id:nillpo:20180731221407j:plain

XDA 8bit

XDA 8Bitthevankeyboards.com TheVan Keyboardsで販売してるかっこいいやつ f:id:nillpo:20180731221336j:plain

SA Oblivion

www.massdrop.com f:id:nillpo:20180731221504j:plain

Devlin Q-Series

www.mechsupply.co.uk バリがすごい f:id:nillpo:20180731221511j:plain